【きついバイト5選】30種類以上のバイト経験のある僕がきついバイトを教えます!

タバコと骸骨アルバイト
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

バイトにもいろいろあると思うんだけど、一番きつい仕事ってなんだろうなぁ・・・

 

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった疑問に答えたいと思います。

 

「きついバイトを知りたい!」と思っている方を対象にした記事になります。

僕は単発バイトも含めるとバイト経験が30種類を超えていますので、その経験からお伝えしていきます。

きついバイト5選

お金を数えるサンタ

 

僕が思う、きついバイト5つをランキングにしてみました。

  1. 24時間テレビ設営スタッフ
  2. 引っ越し屋
  3. コールセンター(発信)
  4. ティッシュ配り
  5. 警備員

 

経験したアルバイトの詳細などは、こちらの記事に書いていますので良かったらみてください。

 

では、順番に解説していきます。

24時間テレビ設営スタッフ

これは、武道館にて夏にある24時間テレビの舞台設営の仕事です。

最初に言っておきますが、よほどお金に困っている人、好奇心旺盛でモノ好きな人以外はこの仕事はしない方がいいです。

 

勤務時間は午前0時くらいから午後18時くらいまでで、かなりの長時間労働で、休憩がほとんどなかったのです。

 

びっくりしません?!(笑)

18時間労働で休憩ほとんどなしですよ?!

 

いや、本当に奴隷になった気分でしたからね(笑)

きちんとした休憩はお昼休憩が30分?か一時間あった程度で、10分休憩などもたまーにある程度でした。

0時から6時までは、一度も休憩がありませんでしたから。

 

そして、それに加えてこの仕事、めちゃくちゃきついんですよ

かなり重い機材とか道具の運搬がメインで、かなりの重労働でした。

 

全身が汗であんなにびしょぬれになったのは人生で初めてでしたから。

何度かトイレに駆け込んで、ぜーぜー言いながら休んでました。

 

しかも、バイトに指示する方たちはかなりのガテン系?体育会系の肉体労働者で、大声で怒鳴る!吠える!といった感じで、バイトくんたちへの扱いもひどかったですね。

自分たちが社会的に地位の高い仕事ではないからですかね。

 

うしくん
うしくん

そういうこと言わないの。

かといって、時給換算するとそこまで報酬がいいわけでもなかったので、本当におすすめしません。

引っ越し屋

きつい仕事レビュー殿堂入りの引っ越し屋!

お待たせしました(笑)

この仕事もきついですね。

 

まず、お客さんの荷物を運ぶわけですから、慎重に扱わないといけないわけです。

 

何より、家具が重い。

筋力が限界のときもあって、気力ではどうにもならない部分もあるので力がない人にとっては地獄だと思いますよ。

「おぃっ!そこ、ちゃんと持てよ!!こらっ、、、」

てな風に言ってくる体育会系の人もいるので、責任感とプレッシャーものしかかってきます。

 

エレベーターがついていない家に、せまい階段から冷蔵庫を運んだときは死ぬかと思いました(笑)

力がなく、体育会系の雰囲気に抵抗がある人は避けたほうがいい仕事だと思います。

コールセンター(発信)

これは、いわゆるテレフォンアポインターという電話対応の仕事です。

僕がやっていたのは、保険の資料案内業務でした。

 

簡単にいうと、

「保険を見直しませんか?良かったら保険の資料送らせてください。」と電話をかけ続ける仕事です。

 

で、契約ができそうなお客さんなら、訪問アポを取るという流れでした。

まぁ~つらいですよね(笑)

 

電話の名乗りに保険というキーワードが入っていたので、もう名乗った瞬間に電話をブチっと切られるのは当たり前の世界です。

 

もちろん、苦情やクレームを言われることもしゅっちゅうで、基本的に相手は不機嫌な感じで対応してくるので、本当にメンタルがやられる仕事です。

 

なので、まともな人間はすぐに辞めてましたね。

長く続けている人も結構いましたが、そういう人は変わった人やメンタルが強い人が多かった印象です。

ちなみに、僕は2年続きました(笑)

 

うしくん
うしくん

お前は変人代表だもんな...((+_+))

チラシorティッシュ配り

短期で二日くらいしかしていませんが、ティッシュ配りもきつかったですね。

たしか、一日に何枚は配らないといけないっていうノルマがあったので、それなりにプレッシャーもありました。

 

チラシってなかなか受け取ってもらえないので、無視されるつらさもありましたし、あとはずっと立ちっぱなしなので足も疲れましたね。

 

今思えばですが、僕の場合は人と関わることがあまり好きではないので、余計につらかったのもあるかもしれません。

 

ひたすら、町ゆく人に声をかけ続けないといけませんからね。

ただ、ティッシュの場合は、結構というかかなり受け取ってもらえるので、チラシ配りに比べてまだ楽です。

やっぱり、僕が街歩いてても、ティッシュは受け取りますもんね。

警備員

僕がやったのは、施設警備員でした。

建物の前でひたすら立つという業務内容で、とにかく体感時間の長い仕事でしたね。

 

ずーと突っ立ってるんですからね。

足がすごく疲れますし、外での警備の場合は陽も浴びます。

 

特に動いていないし、働いたって実感もないけど、家に帰ったら思いのほか疲れてる典型的な仕事ですね。

 

警備員は、常に短期募集求人とかでも多くあります。

やりたいと思ったときにはできますし、知識とかがそこまで必要ないので、比較的気軽に応募ができる仕事ではありますね。

最後に

いかがでしたか?

24時間テレビの舞台設営の仕事なんかは、東京に住んでいないと縁のない仕事かもしれません。

これだけはほんとにおすすめしない。

地獄が待ってますよ(笑)

あくまでも参考にしていただければ、幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

アルバイト
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました