【1ヶ月で合格】MOS資格を独学で合格するための勉強法を紹介!【Word編】

テーブルの上にあるデスクトップとヘッドフォン資格
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)Wordの資格を取りたいんですけど、おすすめの参考書ってありますか?

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった疑問に答えたいと思います。

この記事の対象者

  • MOS(マイクロオフィスソフト)Wordに合格したい人

この記事の内容

  • MOS(マイクロオフィスソフト)Wordおすすめの参考書と勉強法を紹介

この記事を書いている人

  • 一ヶ月程度(一日2時間程度)の独学勉強で本番では957点で合格

MOS(Word)は独学で大丈夫

MOS資格を取得するためには、独学で十分です。

 

ただ、実をいうと僕は大学の講義でWordを使用することが多かったので、完全ノースキルではなかったです。

 

しかし、MOSで問われる内容は基礎的なことばかりで、そんなに難しい試験ではないので安心してください。

 

Wordが初めての人でも最低限のPCの操作方法が理解できているならば、一ヶ月あれば合格できるはずです。

 

MOS資格取得のためにパソコン教室に通う人もいるみたいですが、高額ですし、あまりおすすめしません。

 

独学向き不向き論もありますが、MOSでパソコン教室に行くのは情弱すぎるかなと思います。

MOSには優れた対策用の教材があり、そちらを独学で活用する方が経済的にも効率的にも良いです。

MOS、Wordの難易度は?

「ExcelやPowerPointよりも難しいの?」と疑問を持っている人もいるかもしれません。

 

Excel、Word、PowerPointのスペシャリストの難易度に関しては、

Excel>Word>PowerPoint

ってな感じですかね。

 

WordはExcelみたいに数学的志向を全く必要としないので、難易度も低いです。

 

しかし、Wordの場合、一つ一つの操作には一番時間がかかります。

模擬試験段階で一番疲弊するのはWordでしたね。

MOS(Word)のおすすめの教材はこれだ!

さっそくおすすめの教材を紹介します。

 

僕がMOS資格を独学で取得したい人へおすすめするのは、

FOM出版の

『Microsoft Office Specialist Microsoft Word  対策テキスト& 問題集』です。

※2013,2016,2019と複数バージョンがあるので、ご自身のPCがどれに対応しているかを確認してくださいね。

これ一冊を習得すれば、確実に合格できます。

 

内容もわかりやすいですし、操作方法の解説も丁寧です。

「難しくて詰まる…」ということもあまりないと思います。

 

また、付属のCDには模擬試験プログラムというのが入っていて、このプログラムでは本番さながらの試験を受けることができます。

試験形式に慣れるという意味でも、上手く活用できるので本当におすすめです。

MOS(Word)の独学勉強期間は一ヶ月

パソコンおよびワード基礎レベルにもよりますが、一ヶ月あれば十分に合格できる範囲です。

 

「大学の授業でワードをよく使った」

という人なんかは、2週間くらいで合格圏内に持っていくことができると思います。

 

実際に僕も勉強開始から2週間くらいで模擬試験では8~9割は取れるようになっていました。

ただ、MOSの検定料は高額なので”絶対に合格できる”確証を得てから受験したほうがいいです。

 

一ヶ月間、一日2時間ほど勉強して試験に臨むことが理想かなと思います。

では、具体的な学習方法を紹介しますね。

僕も実践したおすすめの学習方法

おすすめの学習法は、以下です。

一週間目:出題範囲1~5まで一周する
二週間目:出題範囲1~5までの二週目をする
三週間目:模擬試験第1回~第5回を一回ずつ試験する
四週間目:模擬試験第1回~第5回を再度一回ずつ試験する
試験当日or前日:模擬試験ランダムバージョン
(第1回~第5回の問題がランダムに出題される形式)で一回受験する

つまり、全体を二週、模擬試験を二回ずつということです。

 

合格するためだけなら正直、こんなに勉強必要ないと思います。

 

しかし、先述したように検定料が高い資格なので確実に受かるためにもこれくらいはやっておくことをおすすめします。

 

一ページあたりの文字量や作業量はそこまで多くないので、一日2時間あれば十分こなせる量だと思いますよ。

これで万全の試験対策はばっちりで、知識も定着しているはずです。

最後に

MOSの資格は就職時や転職時にアドバンテージになるだけでなく、非常に実用スキルの高い資格なのです。

得た知識などをそのままパソコンとかで活用できますからね。

検定費用は高いですが、試験の難易度も高くないのでコスパの良い資格といえると思いますよ。

 

他にもExcelやPowerPointなどの資格もあるので、良かったら考えてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

資格
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました