【基礎からの学びなおし】現役大学生が中学数学のおすすめ参考書を紹介します!

家で男の子に勉強を教えている成人女性自己啓発
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

中学数学のおすすめの参考書を教えてください

脳を鍛えるためにも中学生用の数学を学びなおしたいなあ…

 

 

 

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった疑問に答えたいと思います。

 

この記事の対象者

  • 中学数学を学びなおしたい大人の方
  • 数学が苦手な中学生

この記事の内容

  • 初学者向けの易しい中学数学のおすすめの参考書を紹介

この記事を書いている人

  • アラサーの文系地方国立大生

はじめに

本記事では、中学数学のおすすめ参考書を紹介します。

紹介するのは、数学が苦手な人にもわかりやすく独学でも使いやすい参考書です。

 

しかし、四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)等の計算が怪しい人は小学算数からのやり直しをおすすめします。

 

中学数学も最低限の算数力が土台となっています。

 

四則演算、小学算数レベルに自信がない、または基礎から固めたいという人はこちらの記事を先にご覧ください。

おすすめの参考書を紹介

では、さっそく紹介します。

僕がおすすめする中学数学の参考書は以下の4冊です。

  • 中1数学をひとつひとつわかりやすく。
  • 中2数学をひとつひとつわかりやすく。
  • 中3数学をひとつひとつわかりやすく。
  • 中学校3年間の数学が1冊でしっかりわかる本

中学数学をひとつひとつわかりやすくシリーズ

『中学数学をひとつひとつわかりやすく』シリーズは数学が苦手な人、初学者におすすめの参考書です。

 

このシリーズは他の教科でも人気ですが、数学も本当にわかりやすいです。

 

中学数学を初めて学習する方、中学数学を復習したい大人の方にはピッタリですね。

 

わかりやすさはもちろんのこと、文字はブルーでソフトなレイアウトなので、疲れにくいです。

また、別冊の解説がページごとに枠で区切られているので、すごく見やすいんですよ。

 

解説がごちゃごちゃしてると、解説さえ見るのも嫌になるじゃないですか。

 

そういった点も工夫されていて、使い勝手のいい参考書でもあります。

 

実際に僕もこの参考書で約1ヶ月、学習しました。

掲載されている問題も解きやすいものが多く、初学者にとって本当に親切な参考書だと感じました。

 

このシリーズは全範囲がYouTubeにて解説付きというメリットもあります。

 

正直、参考書の解説は親切で内容は難しくないので、動画は必要ないと思いますが、動画解説があるという安心感が、数学学習へのハードルも下げてくれると思うので、そういった意味でメリットは享受できる参考書です。

 

かなり評判の良い参考書なので、いったん書店で見てみてください。

 

中学校3年間の数学が1冊でしっかりわかる本

これはさきほど紹介した3冊の復習に適しています。

 

この本は問題数も少なく、初学者に適している本ではありません。

しかし、一冊に凝縮されているため、情報が整理されています。

 

3冊をやったあとでこの参考書を利用することで、学んだ知識が定着しやすくなります。

 

 

公式や解き方の索引的に利用するにはかなり使いやすいと思いますよ。

 

人通りの学習が終われば、手元に置いておいて、辞書代わりに使用するというのが最も賢いと思います。

 

これに関しては絶対にやる必要はないので、興味がない方はスルーしてもらっていいです。

 

『中学数学をひとつひとつわかりやすく』シリーズだけでも十分です。

 

目安の学習期間は?

本当にわかりやすくて、進めやすい参考書なので2ヶ月あれば余裕をもって3冊は終わります。

 

正直、中学3年間でこんな範囲を3年間も時間かけて学んだの?って思うくらいの量ですよ。

 

『中1』は7章、『中2』は6章、『中3』は5章の構成です。

 

1章あたり、1日2~3時間あれば進められる分量です。

 

なので、1週間で1冊、長くても10日で1冊終わるんですよ。

 

それが3冊ですから、1ヶ月あれば十分なのです。

 

僕は、マイペースに毎日積み重ねて1ヶ月かからないくらいで終えました。

 

とはいえ仕事とか家事で忙しい方もいらっしゃるでしょうから、3ヶ月くらいかけてもいいと思います。

 

そして、もっと問題を解きたいというのであれば他の問題集を利用するのもいいでしょう。

 

例えば、『中学ニューコース問題集』とかですね。

 

これなら難易度も少し高くなり、問題集も豊富なので第二ステップの参考書には適していると思います。

 

同じ学研ですし。

 

『中学数学をひとつひとつわかりやすく』にも次のステップとしては『中学ニューコース問題集』がおすすめであると書いてあります。

 

ただし、中学数学を復習したい大人の方や、中学数学で躓いている人は、まず『中学数学をひとつひとつわかりやすく』シリーズで学習を始めてくださいね。

さいごに

中学英語やり直しの記事でも書きましたが、中学レベルの問題を今やってみると大して難しくないですよ。

 

高校レベルになると頭が痛くなるかもしれませんけど(笑)

 

大人になっても論理的思考力は必要です。

中学数学の知識が怪しい人は今回紹介した参考書を使って学習することを心からおすすめします。

 

そんなに時間もかかりませんから、ぜひ取り組んでみてください。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました☆

自己啓発
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました