【受験生必見】速読英熟語と英熟語ターゲット1000を比較!どっちがおすすめ?

白いテーブルの上に3冊の雑誌大学受験
この記事は約18分で読めます。
スポンサーリンク

速読英熟語と英熟語ターゲットはどっちがいいんだろう・・・

 

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった悩みに答えたいと思います。

 

この記事の対象者

  • 『速読英熟語』と『英熟語ターゲット1000』のどちらを使用するか悩んでいる人

この記事の内容

  • 両方とも使った経験のある僕がどちらが使いやすかったかを紹介

この記事を書いている人

  • 文系地方国立大生

英熟語帳は1冊でオッケー

テーブルで本を読みながら座っている女性

基本的に熟語帳は1冊で大丈夫です。

僕も不安から、英熟語帳を2冊仕上げてしまいましたが、あまり意味なかったです。

 

『速読英熟語』と『英熟語ターゲット1000』では、重複してる英熟語もたくさんありますし、熟語帳を2冊反復し続けるのは負担になります。

 

他にも長文問題や文法などもやることはあると思います。

そちらに注力して英熟語帳は1冊を完璧にしてください。

速読英熟語が絶対おすすめ!

熟語帳は、Z会の速読英熟語一択です。

 

単語帳がターゲット1900なんで熟語帳も揃えたいんですよね・・・

 

よ~くわかります。同じシリーズで揃えたいですよね

僕も英単語ターゲット1900と英熟語ターゲット1000で揃えて勉強し始めました。

 

しかし、そのこだわりを捨てた方がいいです。

経験者が言うから間違いありません(笑)

 

『英熟語ターゲット1000』は、本当におすすめしません。

僕が実際に使ってみた感想としては、英熟語ターゲットは実践的ではないように強く感じました。

模試や過去問でもあまり出題されない熟語が含まれており、また、多いもので1つの熟語に5つほど意味を掲載しているので記憶するのにもかなり骨が折れます。

 

それに反して、速読英熟語帳に載っている熟語は、意味も1つ2つに絞られており、模試や過去問などでも非常によく使われるものばかりでした。

これらの理由で、熟語帳は速読英熟語を使用することをおすすめします。

速読英熟語の特徴

速読英熟語は、長文の中で熟語を覚えるというコンセプトの熟語帳です。

速読英熟語の見開きページ

 

長文の中、文脈で理解することができるので熟語が定着しやすいですね。

長文ページの後に熟語の意味と短い例文も記載されています。

速読英熟語見開きページ

 

「長文の中」と、「単語単体」と違う角度から同じ熟語に2回触れられるということも魅力的な部分です。

掲載されている長文も非常に読みやすいものばかりで、テーマもかなり面白いです。

 

速読英熟語には付属のCDもあり、CDも一緒に活用することでリスニング力も上がり、学習効率はよりアップします。

 

ちなみに、僕の中で『速読英熟語』は、愛着が湧いた参考書トップ3に入ります.

速読英熟語の学習法

基本的には、下記の流れで学習します。

『付属の赤シートを使って、熟語の意味を覚える』

『長文を読んで熟語の使われ方を理解する』

『音読をする』→『CDを聴く』

 

この学習法だと、「英熟語の暗記」、「長文読解」、「リスニング」、とたくさんのスキルが同時に鍛えられます。

英熟語の習得のみならず、他のスキルも上がることが速読英熟語の最大のメリットなのです。

英熟語ターゲット1000の特徴

『英熟語ターゲット1000』は、シンプルな英熟語帳です。

左のページに熟語が載っていて、右側に例文があり、ひたすら覚えていく感じ。

英熟語ターゲット1000の見開きページ

 

1つあたりの熟語に5~6つ意味があったりして、全部覚えようと思うとかなり骨が折れます。

また、重要度の低い熟語や意味も掲載されているので、不必要なものも覚えてしまう感があります。

僕は全て意味を暗記したのですが、あまり使い物になりませんでした。

 

長文を読んでいて熟語が出てきても、覚えた熟語の意味5つを1つ1つ当てはめていく感じの作業になってしまい、めちゃくちゃ非効率でした。

 

熟語というのは、核心的な意味がしっかり根底にあります。

核となる意味さえ理解していれば、文脈で意味を理解できるのです。

 

つまり、熟語というのは文脈あってこそ意味を成すものなので、暗記に特化したこの熟語帳はあまりおすすめしません。

 

どうしても、ターゲット1000が言い方は、一度本屋に行って自分の目で見てみるのがいいと思います。

ターゲット1000は、CDや単語カードも販売しています。

英熟語ターゲット1000の学習法

赤シートを使って、日本語の赤文字部分も隠しながらひたすら熟語を暗記します。

 

単語カードは使いやすいので、英熟語ターゲットを買うのであれば一緒にあったほうがいいです。

 

僕は最初、『本で学習して熟語を暗記』→『カードでひたすら復習』という感じで学習しました。

CDも購入したのですが、正直あまり使いませんでした。

『英熟語ターゲット1000』と『カード英熟語ターゲット1000』

の2つで十分だと思います。

英熟語帳の比較まとめ

ドロミテの風景を探索する男性ハイカー

 

速読英熟語の特徴

  • 掲載熟語が出るものばかり
  • 長文(文脈)で覚えられる
  • 長文読解力もつく
  • CD活用でリスニング力がつく

英熟語ターゲットの特徴

  • 掲載熟語が出ないものがある
  • 1つの熟語に意味が多い
  • カード活用で暗記効率UP

結論まとめ

  • 英熟語帳は1冊でいい
  • 速読英熟語が絶対おすすめ
  • 速読英熟語はCDを活用すべし!
  • 英熟語帳ターゲットはおすすめしない

速読英単語と英単語ターゲット1900に関しての記事もあるので、合わせて読んでみてください。

【番外編】スタディサプリを活用せよ

熟語帳とは関係ないのですが、受験生には、スタディサプリの活用をおすすめしています。

英語の関先生がわかりやすく、ぜひ受けてほしいです。

スタディサプリ講師関先生

CMとかでみたこともあるかもしれないですね。

テクニックとかではなく、英語を本質的に理解させてくれる先生です、

英語の理解が深まるのはもちろん、英語が好きになってしまうレベルです(笑)

 

英語受験する方で興味のある方は、ぜひ登録してみてください。

14日間無料体験!スタディサプリに登録 


最後に

いかがでしたか?

参考書選びはめちゃくちゃ重要です。

まぁ、念のため一度は書店等で自分の目で確認してみてください。

 

この記事が参考になれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

大学受験
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
底辺界隈出身の新卒アラサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました