【受験生必見】速読英単語と英単語ターゲット1900を比較!どっちがおすすめ?

テーブルの上にある3冊の本大学受験
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

速読英単語と英単語ターゲットはどっちがいいんだろう・・・

 

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった悩みに答えたいと思います。

この記事の対象者

  • 『速読英単語(必修編)』と『英単語ターゲット1900』のどちらを使用するか悩んでいる人

この記事の内容

  • 両方とも使った経験のある僕がどちらが使いやすかったかを紹介

この記事を書いている人

  • アラサーの文系地方国立大生

ターゲット1900を選ぶべし!

椅子に座ってテーブルの上で本を読んでいる青いジャケットを着ている女性

結論からいうと、ターゲット1900の方をおすすめします。

 

速読英単語と英単語ターゲットは掲載単語しかり、コンセプトしかり異なる部分が大きいです。

なので、一概にどちらがいいとは言えないのですが、英語初学者の方、メインの単語帳を探している方はターゲット1900の方がいいと思います。

ターゲット1900の特徴

ターゲット1900はシンプルな単語帳です。

掲載単語、覚えやすさ、実用性、網羅性どれをとっても優れた単語帳です。

 

何よりも、1単語につき1つ赤文字で重要な意味をピックアップしてくれているのが、この単語帳のすごくいいところですね。

もちろん1つの英単語に複数の意味があるので、中には黒文字の意味の知識も必要になってくる単語もたくさんあります。

 

しかし、単語を覚え始める段階では複数の意味を覚えていくことは難しいので、最初は重要な意味を覚えることに集中したほうが挫折もしずらく効率がいいです。

 

1つの意味を覚えれば、単語の意味の核心もつかめます。

そうなると、あとあと他の意味を覚える上でも定着しやすいですしね。

 

ちなみに、1500~1900までの単語は難関大学用に掲載されている単語になっています。

センター試験(大学入学共通テスト)レベルだと必要ないくらいの難易度と汎用性のなさともいえます。

 

志望する大学によってはやらなくてもいいかと思いますね。

僕の経験上も、あまり出題頻度は高くなかったように感じます。

まぁ、余裕があればやっとくといいと思います。

速読英単語(必修編)の特徴

速読英単語はシンプルな単語帳ではないです。

「長文の中で覚えていこう」というコンセプトの単語帳になります。

 

速読英単語は、非常に単語を覚えづらい単語帳だなと僕は感じました。

良書ではあるのですが、単語帳向きな参考書ではないですね。

 

 

長文ページの前に単語と意味が掲載されているページもあります。

 

しかし、大量に赤文字の意味があるため、かなり脳に負担がかかるんですよね。

日本語の意味が全部赤文字だと全部覚えないといけないって思いますし、そのために意味の重要度もわかりづらいです。

 

「えっ?全部覚えないといけないでしょ?」

と疑問に思う方もいるかもです。

 

はっきり言って、明らかに出題頻度の低い意味などは覚える必要ないです。

 

速読英単語の赤文字を全て覚えていたら、非常に効率が悪いのです。

というかだいたいの人は全て覚えられないでしょうね。凄まじい量なので。

 

また、速読英単語はとにかく長文が難しいです(笑)

冗談抜きで、センター英語7~8割は取れる力がないと、速読英単語の長文は読めないです。

 

矛盾してますよね。

『単語を覚える→長文が読める』

というのが英語の学習ステップだと思いますが、単語を覚えていない段階で長文を読まされるわけです(笑)

長文も読めない。単語の意味もありすぎる。私には無理。や~めた

となる可能性、挫折率高めの参考書です。

 

これらの理由から、僕は『速読英単語』をメインの単語帳として活用することはおすすめしません。

速読英単語(必修編)とターゲット英単語の併用は?

ただし、速読英単語とターゲットの併用はありですね。

ただし、余裕があればの話ですが。

 

一般的に速読英単語とターゲット1900は難易度や役割的な意味で同じ風に扱われます。

しかし、この2冊は掲載されている単語も被っていないものが多いです。

 

そして、上述したようにコンセプトもまるで違います。

 

そのため、比較するというのはそもそもナンセンスなんですよね。

英単語ターゲットに載っていないもので、速読英単語に載っている単語とかも結構ありますし。

 

もし併用をするのであれば、

『ターゲット1900を覚える』→『文法をマスターする』→『長文読解をする』→『センター過去問で7割取る』→『速読英単語を始める』

という使い方が効果的だと思います。

 

そうすれば、単語量のさらなる強化と長文読解力も鍛えられることになります。

 

間違いなく英語力は向上するでしょう。

速読英単語は長文が難しいと言いましたが、扱われている内容自体は興味深いものが多く、素晴らしい参考書ですから。

単語帳の比較まとめ

自然写真家

 

ターゲット1900の特徴

  • シンプルな単語帳
  • 1単語につき赤文字の日本語意味は1つ
  • 1500~1900までの重要度は低い

英単語ターゲット 1900 [6訂版]

 

速読英熟語の特徴

  • 長文の中で覚える単語帳
  • 長文が難しい
  • 赤文字の日本語意味がかなり多い

速読英単語 必修編 改訂第7版

CD 速読英単語 必修編 改訂第7版対応/Z会

 

結論まとめ

  • ターゲット1900がおすすめ
  • 速読英単語は単語帳向きではない
  • 余裕があるなら2冊併用はあり

 

また、速読英熟語と英熟語ターゲット1000に関しての記事もあるので、合わせて読んでみてください。

最後に

いかがでしたか?

参考書選びはめちゃくちゃ重要です。

情報収集も大事ですが、まずは書店などで自分の目でも見て確認してみてくださいね!(^^)!

この記事が参考になれば嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

大学受験
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました