【偏差値41の高校卒】底辺人間が25歳で国立大に入るまで【独学】

ノートの写真大学生
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

 

僕は、社会人なんですが、今からでも大学入学は遅くはありませんか?

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった疑問に答えたいと思います。

この記事の対象者

  • 基礎学力のない社会人で、大学に入り直そうと考えられている方
  • 社会人の大学入学に興味のある人

この記事の内容

  • 僕が独学で国立大学に入るまでの経緯や実際に取り組んだことを紹介

この記事を書いている人

  • 偏差値41の高校出身で23歳から勉強を始め独学で25歳で国立大学に合格した人

※僕が合格して通っているのは”国立”とはいえ”地方国立”であり決して難易度の高い国立大学ではありません。

大学受験を決意するまでの経緯

本を読んでいる男

 

僕は2018年に、25歳で地元の国立大学に入学しました。

現在(2020/4/6)は27歳で大学3年生です。

 

アラサー大学生です(笑)

 

ざっくりと受験決意までの経緯を書きます。

まず、地元の高校を卒業したあとは、俳優を目指して上京しました。

当時は、演技や俳優の世界に夢中になっており、

「30歳までは、俳優を目指し続ける!」という誓いのnoteを高3の4月に書いていたくらいです。

 

そして、上京してからは、アルバイトをしながらレッスンやオーディションを受けるという、いわゆる下積み生活を送ってしました。

しかし、俳優活動に全く進展がないばかりか、他にも不幸なことが続き、かなり精神的に不安定になって自殺願望さえ持つようになっていきました。

 

だんだん俳優として生きていくこと、芸能の世界に疑問を持ち始めていき、その感情は、22歳のときに行ったネパール旅をきっかけにして強固なものへと変わっていきます。

 

ありきたりですが、初めて海外に行ったことで、自分の知らない世界を見て、視野が広がり価値観が変わったのです。

 

そして、その当時、留学に行きたいという気持ちと、大学に行きたかったという後悔の二つの想いが自分の中で強くありました。

 

大学に行きたかったというのは、学歴コンプレックスもありましたし、純粋に勉強しておけばよかったという気持ちの両方が強くありました。

 

そして、何かに打ち込まないと、病んで死んでしまうと危惧した僕は、大学に行くことを考え出します。

自殺するくらいなら、なんでもやったるぜ!みたいなノリでした。

 

ただ、大学に行く場合、学費を考えると国公立一択で、場所も家賃等を考えると地元一択でした。

つまり、地元の国公立しか選択肢はないという感じ。

 

そして、2015年9月中旬(当時23歳になったばかり)のある日、地元の国立大学の入試情報について調べてみたのです。

 

すると、地元の国立大学には自分の学びたい学部がありました。

しかもその学部は難易度のハードルが思っていたよりも低かったため雷に打たれたような衝撃がありました。

 

「これは行ける…もう何が何でも行ってやる。」という感じでした。

 

あの時の感覚は今でも忘れることが出来ませんね。

「今から大学に行って、在学中に留学もしたら、ダブルで願望が叶えられる。」と考えたのです。

 

過度な自分語りを避けるためにもかなり割愛していますが、「大学に行こう」と決意するまでの経緯はこんな感じですね。

大学受験を決意した理由

大学受験を決意するまでの大まかな流れは説明してきましたが、他にも大学受験を決意した理由はいくつかあります。

 

ここで、大学の受験を決意した理由を全て下記にまとめておきます。

勉強したい

・学歴コンプレックスを克服したい

・留学したい

・地元(田舎)で休息したい

・成功体験が欲しい

・非常識なことをやってのけたい

・ニキビを直したい

「ニキビを治したい」とありますが、当時、ストレスで顔のニキビが相当ひどかったのです。

それが嫌すぎて、人前に出たくなかったんです。

 

受験勉強なら、しばらく引きこもれますからね(笑)

これも僕にとっては、重要な動機の1つでした。

 

このように、受験勉強をする動機がたくさんあったので、すぐに行動にうつせましたし、結果的にモチベーションを維持し続けることができたというのはありますね。

基礎学力は中一レベルから受験勉強開始

片付けられた机を探している少年

 

そして、2015年9月中旬に独学にて学習をスタートさせました。

小、中、高と全く勉強していなかったので、基礎学力はひどいものでした。

 

あの話題になったビリギャルさんよりよっぽどひどいですよ(笑)

彼女はメディア露出戦法で、馬鹿だったと言っていますが、中学や高校は進学校で偏差値も高いですからね。

 

僕の高校偏差値は41で、中学3年のとき、5教科実力テストの合計点が100点を切ったこともあります。

合計点500点満点ですよ(笑)

 

全く自慢できることではないのですが、本当に基礎学力がなかったんです。

 

英語に関しては、「be動詞って何?」ってレベルでした。

 

もちろん、そんなレベルで大学受験参考書に着手しても理解できるわけはないので、すぐに中学の参考書を購入しました。

 

完全に一から勉強するモードでしたね。

参考書は、当時のバイト先の面倒見のいいおばさんが一緒に本屋に行ってくれて、選んでくれました。

 

思い出しただけで、本当に泣けてきそうな思い出です。

 

その時は、中1、中2、中3英語の問題集(ニューコース)を購入しました。

この参考書は左ページに解説もあって、すごくわかりやすかったです。

 

そして、それら中学英語は一か月半で終了させ、その後はスタディサプリ(当初は受験サプリ)を活用して学習を進めていきました。

 

 

中学の範囲が終わったころには、友人や母親に、

「予備校行かないと無理だよ」と言われました。

 

しかし、僕自身は全く予備校に行く必要性を感じなかったので、独学で勉強していくことを決めていました。

 

当時は、ネットも普及していましたし、勉強の方法なんかもネット上に転がっていましたからね。

そういった情報を要領よく入手しつつ、独学で学習していくことに魅力を感じ、また独学で受かると確信していました。

 

まぁ、予備校に行かなかったのは、シンプルにお金がなかったというのもありますが(笑)

 

独学をするべきか?予備校に行くべきか?の記事はこちら。

 

 

その頃は、週5回ほどバイトをしていたので、バイトの日は帰宅してから4時間ほど、休日は8時間~10時間は勉強していたと思います。

 

一人暮らしで家事もありましたから、正直、かなりハードでした。

 

そして、そんな調子で勉強を続けていたんですが、

「この調子じゃ間に合わない」と思い、地元(実家)に帰ることを決意しました。

 

そして、東京でのバイトもやめて、家も引き払い、2016年7月に実家のある地元に帰りました。

帰郷してからも、自宅ではスタディサプリを活用して、ひたすら独学で勉強していきました。

 


 

バイトもしていなかったので、一日勉強に時間を充てられましたし、実家暮らしで炊事洗濯等もしなくていいので、勉強にはすごくいい環境でしたね。

 

図書館に行って夕方頃に帰宅する、というのが基本的な生活スタイルになってました。

 

どうしても、ずっと家にいると、精神が崩壊しそうになります。

 

そういったメンタルのバランスも考えて、他の人が勉強している環境に身を置く必要性は強く感じていました。

 

なので、雨の日以外はできるだけ図書館に行くようにしていたんです。

そんな感じで継続して勉強し続けて、徐々にセンター試験の過去問や模試等でも成績が上がっていきました。

 

そして、2018年1月のセンター試験、2月の二次試験を経て、地元の国立大学に合格することができました。

 

うしくん
うしくん

いや、お前、割愛しすぎだろ

はい

スランプ期間(実は、2016,3~7月までほぼ勉強できませんでした)ものぞくと、だいたい2年間勉強した感じになりますね。

 

「あれれ?2016年の夏に帰郷したのに、2017年の試験は受けなかったの?」

と思われた方もいるかもしれません。

 

そうなんです。

実は2017年も受験したんですが、不合格でした。

 

言い訳にしかなりませんが、2017年の時点で合格する力は十分ありました。

 

これは、精神論ではなく、模試の結果や偏差値的な意味での話です。

 

なぜ、ここを強調するかというと、

「2年勉強しないと。国立大学に合格できないのか」と思う方がいるかもしれないからです。

 

僕の場合は、2017年の試験前にプライベートでもいろんなことが重なったこともあり、最初の試験はかなりイレギュラーだったのであまり参考にしてほしくないのです。

 

墓場まで持っていかないといけないような出来事もあったので、具体的な説明は割愛させていただきますが。

 

これらの経験から、基礎学力が0でも難関国立を除く地方国立大学レベルであれば、期間は一年半程度あれば独学でも十分合格に持っていけると思います。

 

まぁ、あくまでも可能という話であって理想は2年くらいは確保するといいでしょう。

余裕があればマイペースに学習も進められますから。

 

もし、独学で受験に挑まれるのであれば、こちらの書籍がおすすめです。

 

僕も受験勉強中に読みました。

スタディサプリの講師たちが熱く語ってくれており、めちゃくちゃやる気になります。

 

僕の大学受験物語の流れは、

2015年9月大学受験決意&受験勉強開始➡

2016年7月帰郷2017年3月不合格➡2018年3月合格

てな感じになります。

最後に

いかがでしょうか?

 

社会人で大学に入り直すというのは、相当の勇気も覚悟もいることだと思います。

しかし、あなたが、大学に行く必要性を感じているのであれば、今からでも遅くはありません。

 

僕は、25歳で大学に入って本当に良かったと思っています。

大人になって、送るキャンパスライフは感慨深いものがあって、素敵ですよ。

まぁ、人生に大きく関わることなので、慎重に決断することが望ましいです。

 

しかし、石橋を叩きすぎても前に進めないと思いますので、気持ちに素直になって行動してみましょう。

 

この記事が少しでも、参考になればうれしいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

大学生
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました