【大学生必見】大学時代にやっておくべきこと5選

学生が3人座っている写真大学生
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

大学時代にしておくべきことを教えてください

 

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった疑問に答えたいと思います。

 

この記事の対象者

  • 日本に住む全国の大学生、そして大学に進学する予定のある高校生

この記事の内容

  • 大学時代にやっておいたほうがいいことを生産性の観点から紹介

この記事を書いている人

  • 地方国立大学に通うアラサー大学生

大学時代にやっておくべきこと5選

 

いきなりですが、これが大学時代にやっておくべき5つのことです。

 

  • 海外に行く
  • 英語を学ぶ
  • 読書をする
  • 恋人を作る
  • 副業をする

 

まず、これら5つすべてに共通することは、視野が広がるということですかね。

視野を広げることは、人生において非常に重要です。

 

視野が広がる→価値観が変わる→考え方が変わる→行動が変わる→結果が変わる→人生が変わるというスパイラルがあります。

 

自分自身を高めるためにもぜひ、参考にしてみてください。

では、順番に解説していきます。

海外に行く

カメラを保持している男のセピレア写真

 

一つ目は、海外に行くことです。

初めて海外に行くと、自分の中の常識や固定観念みたいなものが見事にぶち壊されます。

聞いたことあるかもですが。

 

食べ物、道路、人、空気、雰囲気・・ありとあらゆるものが自分の育った国のものと違っており、「自分の過ごしてた環境って当たり前のことって思ってたけど、違ったんだな。」と気づきを得ます。

この当たり前のものが当たり前じゃないことを知ることがかなり重要なのです。

 

そして、もし海外に行くとしたら、一人旅を経験してほしいです。

一人旅だとじっくりと考える時間がありますよね。

 

それこそが大事で、なんなら旅の真髄だと思っています。

広大な景色や、遺跡などを目の前に佇んで物思いにふけってみてください。

自分自身の生き方、将来像などもやもやとしていたものが鮮明に見えてくる瞬間があります。

これも国内、つまり普段と同じ場所で過ごし、同じ風景だけ見ていては感じにくいことなので、海外という刺激的で非日常間を味わえる場所がおすすめなのです。

 

行き先は、東南アジアをおすすめします。

 

東南アジアは固定観念を覆す要素が詰まっており、しかも人は温かく、物価も安く、とても魅力的です。

 

ちなみに、僕の初海外は22歳のときで、ネパールに一人で行きました。

ネパール旅行がきっかけで、人生観が変わり、軸となるものが構築されて今の自分があります。

 

本当にまじであのときの旅で、自分の中の何かが大きく変化し、その後の生き方にも絶大な影響を及ぼしました。

あのときは「もう遅いかなぁ」なんて思ったけど、

本当にあの年齢で行っといてよかったと心から思っています。

 

なので、できるだけ若く多感な時期に、海外に行ってみることをおすすめします。

「海外行きたいけど、友達がいない~」っていう人は、初海外一人旅挑戦してみてください。

英語を学ぶ

二つめは、英語を学ぶことです。

グローバル化が進む昨今、英語力が必要なのは自明ですよね。

 

電子機器の商品説明、パソコンのエラー、ウェブサイト登録とかで英語表記が出て困った経験はありませんか?

 

Webサイトの登録なんかで、

「英語表記が出るとお手上げ、、、」っていう状態はまずいです。

 

翻訳機能とかもあるので、どうにかなるかもしれません。

それでも、英語力の欠如はこれからの時代を生きていく上で、必ず大きなハンデになってきます。

 

せめて、

旅行をして会話に困らないレベル(スピーキング&リスニング)、

英語表記でサイト登録が進められるレベル(リーディング)

くらいまでの英語力は身につけておくことをおすすめします。

読書をする

三つ目は、読書をすることです。

小説とかでもいいんですが、大学時代だからこそ、読むべき本があります。

 

それは自己啓発書やビジネス書です。

たまに、自己啓発書に胡散臭いイメージを持っている人がいて、

「そんなものに洗脳されてるのー?」

みたいに言ってくる人もいますが、そういった人たちの意見は無視しておいてオッケーです。

 

本には相性もありますし、全て鵜呑みにする必要はありませんから、参考に何冊か手にとってみてください。

 

自己啓発書には古今東西の成功者たちの知恵が凝縮されています。

これを利用しない手はないですよ。

 

先人たちの知恵を拝借することは、非常に効率的で賢いと思います。

 

一人の思考や経験だけでは、限界がありますからね。

いい本との出会いは、人生を豊かにし、良書は生きていく上で羅針盤となります。

 

1か月2冊くらいのペースでもいいと思うので、若いうちに成功者たちの知恵や生き方、考え方というのを吸収しておくといいです。

 

僕が、二十歳のときに読んで感銘を受けた本を紹介しておきますね。

友人たちにも貸したりしましたが、すごく好評だったのでぜひ読んでみてください。

恋人を作る

男とキスをしている女性

四つ目は、恋人を作ることです。

特定の異性と蜜な関係性を築くというのが重要です。

 

これまで生きてきて思うのは、恋人を作った経験が少ない人って、異性の気持ちがわからない人が多いです。

実は、僕がそうなんですが(笑)

若いときに恋愛をしていなかったために、

「女ごころがわかってない。」といろんな人によく言われます。

あんまり自覚はないんですけど、同性異性問わずに言われたりするので、周りから見たらわかるんでしょうね。

 

それに対して、恋愛経験が豊富な人って、異性の気持ちを理解できる人が多いように思います。

 

とくに、女性は、女心への理解を強く求めますからね。

 

大学生くらいの若いうちにくらいになるべく恋愛をしておいたほうがいいです。

勤勉な大学生活も素晴らしいですが、恋愛できたら、なお良しと言った感じです。

ちなみに僕は縁がなさそうなのであきらめています(笑)

副業をする

五つ目は副業をすることです。

 

なぜ、必要か?

これからの時代、自分のスキルが必要になってくるからです。

 

終身雇用、年功序列制度も終焉を迎えつつあり、”1つの企業に就職すれば安泰”という考えは、もう通用しなくなります。

 

いかにして、自分で稼ぐか?が重要になるのです。

これからはますます、リモートワークが可能になり、ノマドワーカーとして生きていく人も増えてくるでしょう。

 

そんなときに、自分で稼いだ経験も何のスキルもない状態だと戦っていけないですよね。

 

ブログでも、プログラミングでも、YouTubeでもいいです。

一円でもいいので、パソコンやスマホを使って、何か自分のスキルを使って稼いでみてください。

 

自分で稼げる成功体験を積んでおくだけで貴重ですし、自信になるはずです。

 

ただ、複数のことを同時に始めるのは絶対にやめてください(笑)

ブログでも、一から始めるとなったら、最初は本当に大変です。

 

例えば、ブログをやり始めたら、最初の一か月くらいはブログに専念してください。

そして、ブログの投稿もある程度はできるようになってから、次のものに手をつけるようにしましょう。

これは非常に重要です。

あれもやりたいこれもやりたいとなりがちですが、全部が中途半端になって挫折したりしてしまいます。

 

ちなみに、ブログとプログラミングの同時開始&並行は、大学受験の数学と英語を一から一緒にやるくらい無謀且つ大変です。

これは、僕の経験談なので、間違いないです(笑)

最後に

ここまで大学時代にやっておくべきこと5選を紹介してきましたが、いかがでしょうか?

大学時代に全く遊ぶなとは言いません。

 

しかし、大学は人生の夏休みという大人の意見を鵜呑みにせず、勤勉に過ごしましょう。

 

4年間の大学生活を勤勉に過ごして、将来的に人生の夏休みを作りましょうよ。

 

未来は自分で切り開いていくものです。

情報が錯綜し、いろんな価値観が横行していますが勤勉な人間は必ず成長していきます。

 

今、与えられている環境や時間を有効に使って過ごしてほしい!

そんな思いから、この記事を書きました。

こちらも僕が書いた記事ですが、一緒に読んでみてください。

 

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました☆

大学生 大学生活
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました