【扁桃腺の手術】扁桃腺の切除はするべき?切ると痛いの?【体験談】

深い思考の外科医健康
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

扁桃腺の切除ってしたほうがいいですか?

もしするとしたら、手術って痛みはありますか?

こんにちは!アラサー大学生のルイです。

今回はこういった疑問に答えたいと思います。

この記事の対象者

  • 扁桃腺を切除しようか迷っている方

この記事の内容

  • 扁桃腺の切除はするべきか?という疑問に答えつつ、扁桃腺の手術について体験談を交えて伝える

この記事を書いている人

  • 3年前に扁桃腺の切除をして以来、高熱が出なくなったアラサー大学生

扁桃腺の切除はした方がいい

ベッドに横たわって鼻をかむ女性

結論からいうと、扁桃腺の切除はしたほうがいいです。

 

おそらくこの記事にたどり着いたということは、

  • 扁桃腺が一年に3~4回以上腫れる
  • 扁桃腺が腫れたときに高熱が出る

こういう症状で悩んでいる方が多いのではないかと思います。

もし、このような症状で悩んでいるのであれば、絶対に手術した方がいいです。

理由はシンプルで、”症状が改善されて体調を崩さなくなるから”です。

 

僕も手術をするまでは、一年に2~3回は39.0くらい出て体調を崩していました。

手術をする前の年に関しては、ストレスもひどかったためか一ヶ月に1回は必ず扁桃腺が腫れて高熱にうなされていたくらいです。

 

しかし、手術をして3年経ちますが、扁桃腺を切って以降、高熱が出たことは一度もありません。

 

また、同じ症状で苦しんでいた僕の友人も手術をしてから全く熱が出なくなったと言っていました。

 

扁桃炎の症状がひどい人は、一刻も早く切除手術に踏み切ったほうがいいと断言できます。

医師によって、意見が異なる

基本的には、「年に4~5回以上扁桃腺が腫れる人は切除手術をしたほうがいい」と言っている医師が多いです。

扁桃炎で悩んでいるあなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ただ、扁桃腺の手術をするべきか否かという問題は医師によっても意見が分かれるみたいです。

実際に僕も手術をしない方がいいと何度か言われたことがあります。

 

手術をすることになる大きい病院に行く前に、家の近くの小さなクリニックに行きました。

そこでも「手術はしないほうがいいと思うけど」と言われました。

 

また、それ以前にも他の病院でも同じようなことを言われたことがありました。

 

しかし、扁桃腺が腫れ高熱が何度も繰り返すことに我慢ならなかったので、家の近くのクリニックの先生に意思を主張して、大きい病院を紹介してもらったんです。

 

そして、紹介先の大病院の先生には、「即手術したほうがいい」と言われました。

 

紹介してくれたクリニックの内科の先生にも手術はしないほうがいいと言われた経緯を話しました。

 

すると、「まぁ、あの先生はまだ若い、私は専門家だから」と言われました。

 

この先生の話を聞く限り、経験や知識の浅い先生ほど、扁桃腺の症状を訴えても、手術はしないほうがいいという傾向にあるのかなと感じてしまいました。

 

扁桃炎で苦しんでるのであれば

「手術をしたほうがいい!」と断言してくれる医師が信頼できる先生なのではないかな?と感じています。

 

これは実際に手術してから体調がいいので、結果論にはなってしまいますが。

扁桃炎に悩んでいる方は、”手術後の体調”が一番気になると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

とにもかくにも、この先生はベテランかつ専門性の高い先生でした。

だからこそ、説明にもかなり説得力があり、安心して手術を受ける決意も固まったのです。

扁桃腺切除よりも高熱の負担リスクが大きいと判断

「そもそも扁桃腺って切除して大丈夫なの?」という不安もあると思います。

「体に備わっている以上、必要なのでは?」という疑問ですね。

 

これに関しては、専門家の方に意見を聞いてもらうほうがいいと思いますが、個人的には”扁桃腺”って”親知らず”的なポジションに似てると思っています。

 

親知らずもキレイに生える人は抜歯する必要がないですし、扁桃腺も炎症をおこさない人は切除する必要がないですよね。

 

つまり、親知らずも扁桃腺も必要に応じて備わっているけれども、弊害が生じる場合は排除したほうがいい部分ということです。

 

扁桃腺を切ると免疫が低下するというデメリットも聞きました。

 

しかし、免疫が下がるリスクよりも、何度も高熱にかかり体が受けるダメージの方が大きいと判断して僕は手術を決心しました。

全身麻酔での扁桃腺切除手術

女性外科医

 

扁桃腺の切除は、全身麻酔での手術でした。

あのドラマや映画で出てくるような大きい手術室だったので少し委縮してしまった記憶があります。

 

手術台に乗った後は、麻酔をかけられて徐々に意識がなくなっていく感覚しか記憶にないですね(笑)

目が覚めたら、切除した扁桃腺を持った先生が何か大きな声で話しかけてくれていました。

保険は適用される?費用は?

扁桃腺の切除手術は保険適用で、費用は11万円くらいでした。

安い金額ではないです。

 

しかし、しょっちゅう病院に行って、仕事を休んだりしてるほうが支出も大きくなるので、その負担に比べると安いものです。

入院は2週間

手術してから2週間は入院していました。

喉はかなりデリケートな部位でもあるので、やはり絶対安静なんでしょう。

 

手術後は

「しばらく声が出なかったこと」、「食べ物を飲み込むときに異物感が強かったこと」

を覚えています。

 

そのため、食事も喉に負担のかからないものが出されていました。

病院の食事って量も多くないのでお腹が空きます。

 

でも、それ以上に喉の違和感とかがあったので、我慢できました。

「とりあえず、のどを労わってあげよう」てな気持ちになってましたね。

 

うしくん
うしくん

よっ!!えらいぞ!

もっと褒めて(n*´ω`*n)

痛みに関しては、痛み止めがあったのでそこまで激痛というわけではなかったように記憶しています。

退院後から現在まで

海岸で両手を上げながら笑みを浮かべている白と黒のシャツを着た女性

退院してからも一定期間は辛いものや喉に刺激的な食べ物は控えるよういわれていました。

退院後1~2週間はまだ喉の違和感、どうもつっかえるような感じがありましたね。

もちろん痛みはなかったです。

そして、退院後の診察では経過良好と言われ、だんだんと普段の生活も送れるようになっていきました。

 

僕は2016年の5月に扁桃腺の切除手術をしたので、早くも3年ほど経ちましたが、一度も高熱が出ていません。

めったに体調も崩さないので学校や仕事にも支障も出ていません。

 

以前はしょっちゅう休んだりしていたので、かなり快適な日々を過ごせるようになりました、

 

手術後に1~2回程度は風邪を引いたことがありますが、

風邪って扁桃炎に比べたらこんなにしんどくないんだ!」と感動しました。

扁桃炎の人で手術した人は多分皆感じると思いますよ(笑)

 

「あぁ、これが風邪っていうのか!」ってな感じです。

 

喉が弱い扁桃炎持ちの人はおそらく、

  • 体調崩す→扁桃腺腫れて高熱出る
  • 風邪ひく→扁桃腺腫れて高熱出る

といった感じですよね。

 

扁桃炎持ちの人にとっては、風邪の症状ってあまりイメージできないと思います。

もちろん、普通の風邪もつらさはありますが、扁桃炎の高熱に比べたら天国のようですよ。

 

ぜひ、この感動を味わうためにも、扁桃腺の手術を受けることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?

体験談、手術レビューを書いてきました。

 

手術をしてからというもの快適な日々を過ごせるようになりました。

扁桃炎って結構地獄ですよね。

 

体力的にも経済的にも精神的にもかなり負担がかかりますからね。

 

そんな扁桃炎の悩みを持っている方は、医師とも相談して、ぜひ扁桃腺の切除手術を受けることをおすすめします。

 

この記事が参考になれば、嬉しく思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

健康
スポンサーリンク
シェアをお願いします!
ルイをフォローする!
アラサー大学生のBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました